本サイトは移転しました。

本サイトは、8月2日より下記に転居いたしました。
引き続き新しいURLでご覧ください。
URLをクリックすると新しいサイトにジャンプします。
ブックマークを新サイトに書き換えてください。

http://ameblo.jp/linshun55/

このサイトは2010年8月1日時点の内容をそのまま保持し、新居と連携して運営いたします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

林舜敬白

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<ギャラリー>最新育児指南書-1

時代の先端を行く若きイクメン必見の図説!

1_2
测试牛奶的温度
ミルク温度測定法

2
带宝宝散步
子供と散歩に行く時

3_2
お湯に注意

4
给宝宝运动
運動をさせる時

5
给宝宝吃奶
ミルクを飲ませる時

6
举起宝宝
子供を起こす時

7
给宝宝找个保姆
ベビーシッターを雇う時

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<マンガ:109> 学生は会議のために道を譲る

学生为会议让道
出典: http://user.qzone.qq.com/281619888/blog/

Photo_10

据《新华网》报道,安徽舒城县因召开“重要会议”,城区多所中小学乃至幼儿园的上万名学生的课程因此调整,理由是“避免开会期间出现交通拥堵”。这一做法引起社会广泛关注。日前,舒城县人民政府就这一事件向社会公开道歉。

『新華網』の報道によれば、安徽舒城県は“重要な会議”を開くため市内多数の中小学校ないし幼稚園の授業時間に制限を実施した。理由は会議開催中の交通渋滞を回避するため、であった。このやり方は社会の広範な関心を引き起こした。先日、舒城県人民政府はこの事件について社会に対して陳謝を公にしました。

※舜子曰く:「随分抑制した表現だけど、はっきり分かるのは、お上の横暴に民の怒りが蓄積していることです」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<上海万博> 解明:万博3000元の日本懐石料理

揭秘世博园3000元一位的日本怀石料理
(3000元は約4万5000円)

Photo_5

1

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

章鱼小丸子、关东煮、炸肉饼……日本人气小吃来到了上海世博会。相比3000元一位的怀石料理,这些民间小吃二三十元的价格更为亲民,吸引了不少游客光顾,人气最高的章鱼小丸子每天能售出两三千份,多达两万只。图/文 刑顺之

たこ焼き、おでん、メンチカツ……日本の人気軽食が上海万博にやってきました。一人3000元の懐石料理に対してこれら2、30元の大衆軽食は多数の観光客を惹きつけました。人気最高のたこ焼きは毎日2、3千食、2万個に達するでしょう。写真と文・刑顺之

全文・全写真はここ→ http://2010.qq.com/a/20100731/000047.htm#p=2

※舜子曰く:「日本館は待ち時間4時間でした。日本館に併設されたたこ焼き屋も長蛇の列。日本に対する関心はかなり高かったです。東京では知る人の少ない、熊本出の味千ラーメンも園内に出店していました。その繁盛ぶりについてはまた後ほど」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<259> 完爾として微笑む

莞爾笑笑

老婆是作業系統,一旦安裝要刪除十分麻煩;
老婆是字畫,掛到發黃也不能換;
老婆是陽春麵,雖然溫暖但過於平淡;
老婆是白開水,生命不可缺的要素,雖然平淡卻得天天喝。

嫁さんはOS、一端インストールしたら削除は結構面倒。
嫁さんは書画、黄ばみが出ても取り替え不能。
嫁さんは素うどん、暖かいけれど味は平淡。
嫁さんは白湯、生命維持には不可欠で、平淡な味でも毎日飲むべし。

二奶是網路,風光無限,花錢不斷;
二奶是年曆,每年都要換新的;
二奶是麥當勞,吃多了也會膩人;
二奶是花錢訂的牛奶,按月按季繳費,不繳就不送了。

愛人はネットワーク、景色は無限でも絶えず金がいる。
愛人は一年カレンダー、毎年新品に交換する必要あり。
愛人はマクドナルド、たくさん食べるとうんざり。
愛人は配達牛乳、月極料金、払わないと来ない。

女友是桌布,只要你有興趣,天天可以更換;
女友是月曆,三十天的時間夠長了;
女友是涮羊肉,吃就是為了那種膻味;
女友是咖啡,最好天天喝,不喝只是精神差了點。

女友達はテーブルクロス、好みに応じて毎日取り替え可。
女友達は月ごとカレンダー、30日はそこそこ長い。
女友達は羊肉しゃぶしゃぶ、ささっと食べるのは臭いのため。
女友達はコーヒー、毎日飲むのが最もよい、飲まないと気持ちが落ち着かない。

酒女是盜版軟體,要用之前,記得先掃毒;
酒女是日曆,過了今天,撕了又是新的開始;
酒女是麻辣燙,只要你能說出的菜,就有的賣;
酒女是販賣機飲料,只要有零錢,投了幣就有得喝。

ホステスは海賊版ソフト、使用する前、ウイルスチェックが必要。
ホステスは日めくりカレンダー、今日を破り捨てればまた新しい日が来る。
ホステスは激辛スパイス、お好みに合わせて調理してくれる。
ホステスは自販機の飲料、お金さえ放り込めば飲める。

※舜子曰く:「さて、もっとも投資効果がよいのはどれ?」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<上海万博>
章子怡(チャン・ツィイー)、万博ボランティア宣伝大使に

章子怡手持证书
栄誉証書を手に持つ章子怡

Photo_4

7月28日当晚,上海世博会志愿者部正式授予章子怡“上海世博会志愿者宣传大使”称号。
7月28日夜、上海万博ボランティア部は章子怡に正式に「上海万博ボランティア宣伝大使」の称号を与えました。

舜子曰く:「上海万博のボランティアについては運営を支えるボランティアをご覧ください。」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<マンガ:108>
公権力は西門慶を熱烈に支持する

《公权热捧西门庆》
Photo_3
出典:http://user.qzone.qq.com/281619888/blog/

※舜子曰く:「西門慶は中国古典の名著『金瓶梅』の主人公。富豪で6人の夫人やその他の女性と欲望にまみれた爛熟した生活を送る。舞台は北宋末。作品では明代後期の乱れた社会風俗が巧みに描写され、現代でも人気を博している。現代中国の腐敗した官僚支配を風刺した作品。なお、『金瓶梅』関連では、映画のセットをそのまま公園にした大観園が上海郊外にある。舜子撮影写真(一部)が下記にあります。ご覧ください。
http://linshun55.cocolog-nifty.com/lin_shun_world/2009/11/2009919-77d0.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<258> バスの中の胸広服の女性

バスのなかに胸が広く開いた服を着たひとりの女性が乗っていました。飛行機のペンダントが付いたネックレスをしていました。
ひとりの若い紳士が乗り合わせてきたあと、その女性がしているネックレスの飛行機を注視していました。
女性は好奇心をこらえきれず聞きました:「このネックレスが好きなんですか?」
するとその紳士は答えました:「あ、いや、そうじゃないんです。私は飛行機の、その、あの、滑走路だけを見ていたんです」

※舜子曰く:「ずいぶんな谷間にある滑走路だったようで・・・」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公交车上低胸女郎

在公共汽车上,一位摩登女郎,穿着一件低胸衣服,并戴着一条镶有飞机的项链。
一位年轻的男士一上车后,便目不转睛的注视着颈链上那架飞机。
于是女郎禁不住好奇地问:“先生你喜欢这项链吗?”
那男士回答说:“喔!不是,我只是在欣赏飞机跑道罢了。”


gōng jiāo chē shǎng dī xiōng nǚ láng

zài gōng gòng qì chē shǎng, yī wèi mā dēng nǚ láng, chuān zhāo yī jiàn dī xiōng yī fú, bīng dài zhāo yī tiáo xiāng yǒu fēi jī de xiàng liàn.
yī wèi nián qīng de nán shì yī shǎng chē hòu, biàn mù bù zhuǎn jīng de zhù shì zhāo gěng liàn shǎng nā jià fēi jī.
yú shì nǚ láng jīn bù zhù hǎo jī de wèn: "xiān shēng nǐ xǐ huān zhè xiàng liàn ma?"
nā nán shì huí dā shuō: "ō! bù shì, wǒ zhī shì zài xīn shǎng fēi jī páo dào bà le."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<コラム:035>
頑張る中国のジャーナリストたち

【2010年7月30日】

中国では新疆ウイグル地区やチベットでの政治・治安事件や天変地異の大災害がつづいています。もともと、中国は災害が多く、その規模も大きいので、有史以来強大な権力機構が必要とされた土地柄でした。ところがそこに工業近代化の波が押し寄せ、「公害」や「産業事故」が加わるようになりました。これまで、それらは報道管制の対象とされ隠されてきましたが、最近、少しずつ、報道されるようになってきました。

2010年7月28日、洪水によって、吉林省上千化学工場の原料ドラム缶が大量に松花江に流れ込むという事故がおきました。1缶に160kg~170kgの有毒な原料が入ったドラム缶約1000缶が漂流をつづけています。

Photo

報道規制されている労働争議も国外には漏れ伝わるようになってきています。この「一日一笑:おもしろ情報館」でたびたび紹介するように、幹部の腐敗や汚職を追及するマンガや写真情報は国内向けにも報道されています。情報の自由化は中国の民主化を確実に前進させます。これは誰にも止められない時代の流れです。
参考 <マンガ:079>頑張る中国の漫画家たち


同じ日にサーチナでも同趣旨の記事が掲載されていました。全文を引用します。
==================================
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000069-scn-cn
中国記者のジャーナリズム意識に変化
7月28日18時44分配信 サーチナ
==================================

 中国では、「メディアは共産党の宣伝機関」と規定され、しばしば特定のテーマについて報道統制される。一昔は一流の記者は株(インサイダー取引)でもうけ二流の記者は(企業からの)広告でもうけ、三流の記者は賄賂でもうけ、四流の記者はアルバイト原稿でもうけ、記事だけ書くのは五流の記者と言われていた。ところが、最近中国の記者もかわってきたなあ、と感じることが多い。

 たとえば、7月3日に廃液漏れ事故をおこし8日も隠ぺいして、大規模環境汚染を引き起こした紫金山銅山(福建省)を取材する記者たちが、現場で企業から渡される「慰労金」の受け取りを拒否したり、中国メディアがその親会社の香港上場企業・紫金鉱業からの広告費を拒否する例が相次いだ。慰労金の封筒には2000元入っており、広告費は一般に6万元だが、現場にいた20前後のメディアおよびその記者らはみな受け取らなかった。

 そんなの当たり前、と思うかもしれないが、中国では炭鉱事故がおきれば、記者がかけつけて炭鉱主に賄賂を要求する、という光景の方が以前はふつうだった。

 先日、古い友人の中国人記者と食事しながら、ジャーナリズム意識について語りあうことがあった。彼は、「報道統制に従うのではなく、その中でぎりぎりの工夫をして、党中央宣伝部のセンサーをくぐりぬけながら、真実を読者に届けなければならないから、中国の記者の苦労は大きい」と訴えていた。喫緊のテーマでは、中国南部でストライキが連鎖的に多発している件について、独自報道を禁止する通達が出されているが、彼は「ストライキは、労働者の権利意識のめざめであり、中国の搾取構造を変えるためにも報道しなければいけない」と言う立場から、「スト」という言葉を使わずに別の言葉に言い換えたり、工夫して記事を書き続けている。

 おそらく記者意識の変革の背景にはインターネットの発達がある。彼らは新聞上で報道できない情報も匿名でネットで発信している。中国のマイクロブログで現役記者らしい人物のつぶやきをつぶさに見れば記者の良心に従った情報発信が増えている。

 それに比して、残念なのが日本のマスコミの劣化、といわれている。官房機密費がメディアコントロールに使われ、記者らが高額の金銭を受け取っていたことが、明らかになりつつある。日本のメディアも、広告費を出す企業との関係や政府や政治家との関係から事実上の言論統制を受けることがある。でも、より厳しい統制を受け、統制に刃向えば記者生命を確実に断たれる立場の中国の記者ですらジャーナリズム意識を語るようになってきているのを見れば、日本のマスコミ、しっかりしないか、と思うのである。(編集担当:三河さつき)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<上海万博> ラトビア館の空中浮遊人

【2010年7月29日】

上海万博見学初日、熱波をものともせず歩き回り、ラトビア館を発見!
<上海万博>“空中飛行”が体験できるラトビア館
これは見ておかなきゃと入館。幸い、2~30分の待ち時間で中に入れた。

20100609

Youtubuで動画をご覧ください。結構迫力があって面白かったです。
この日は観客の体験浮遊はなかったけど、やってみたかったなー。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«<257> 現代女性の4態