« 瀋陽、女性警官の奮闘 | トップページ | <37> 韻を踏んだ風刺 »

<36> 麻雀をする四人の裸婦

A_2

この油絵は、この絵を描くために画家が使った絵の具の千倍もの「口角の沫(あわ)」を西側諸国とネット世界に誘発しました。画家の名前は劉溢。カナダに移住した中国人です。この絵は20005年3月6日、ニューヨークのある絵画展に出展され、多くの憶測を引き起こしました。その原因はこの絵のタイトルが『2008・北京』だったからです。

この絵はとても興味深いです。タイトルはただ北京の2008年で、女性4人が麻雀をしているだけですが、絵に込められた含意には深いものがあります。

私はこの絵を分析し、若干の私見を述べてみます。

正面下方には背中に刺青をしたアジア系の女性が描かれています。これは中国を表しています。

左側で麻雀に集中している打ち手は日本です。

上着を着ているのはアメリカです。

だらしなく横たわっているのはロシアです。

隅に立っている小さい女の子は台湾です。

中国は「東」をポンしています。これは何を意味するでしょうか。これには二つの意味があります。ひとつは、中国が東風としてそびえ立っていることの隠喩であり、もうひとつは「東風のミサイル」です。中国がすでにテーブルの上に強力な武器として並べたのです。中国の情勢は悪くはないようですがその他の牌がどうなっているかわかりません。そのため彼女は卓の下でこっそりと小細工をしています。

米国は胸の内に成算があるように見えます。台湾を見ています。とても味わい深い表情をしています。一方では台湾の表情から何かを読み取れると思っており,他方でその目つきは台湾に暗示を送っていることを表現しています。

ロシアはゲームに関心を失っているように見えますが、その実、片方の足でアメリカと気脈を通じ、他方、中国に牌を手渡しています。両国は陰でお互いに利益を交換しているのです。

日本人はまじめにゲームに集中しています。他人が何をしているか知らずに、自分の着手のことだけ考えています。

台湾は赤い腹掛けをしています。中華文明の最後の真正なる継承者を象徴しているのかも知れません。台湾は一方の手に果物を持ち他方の手でフルーツナイフを持っています。うっとうしい表情で、しかし憤慨して中国を見ています。しかし仕方がないのです。彼女はゲームに参加できず、最後に誰が勝つかに関係なく、ただ他の女性たちに果物の皮をむいて提供することしかできないのです。

窓枠で河が切り取られ黒い雲が厚く隙間なく垂れ込めています。これは台湾海峡両岸情勢の危機を暗示しています。一触即発です。

壁に掛けられた絵はとても興味深いです。孫中山のひげ、蒋介石のはげ頭、毛沢東の容貌のミックスです。

四人の女性の身なりもとても面白いです。

中国は上半身を露わにしており、スカートとパンツだけです。

アメリカは上着と下着、下半身は露わです。

ロシアはただ1本の短パンだけになっています。

日本はすでに何も着ていません。

これらも各国の情勢を描写しています。

アメリカの服装は見たところもっとも整然としており、実力も最強です。他の国は満足に着ていません。アメリカは表面上はまるで鮮やかに輝いていますが、その実、下半身はすでに暴露しています。中国とロシアはほとんど裸ですが、陰でやっている肝心の悪事は隠しおおせています。

このゲームは負けたものが衣服を脱ぐルールだとすると、誰が誰に負けて脱いだのでしょうか。

この一局が進行すると・・・・中国は負けて今のロシアの地位にまで転落します。・・・(ソ連が解体したときの状況に相当します。)

米国も負けて同じくロシアの事態まで没落します。・・・

ロシアはさらに負けて真っ裸になってしまいます。・・・

日本ですが、実はすでに何も着ていません。・・・ロシアは少牌なので上がり放棄状態です。・・・ロシアはすでに中国と陰で牌を交換しているので、本当の上がり放棄は日本です。日本はすでに負けると脱ぐものがないので、負けると即終局となります。

さてここで、若干の総括をしてみましょう。・・・

米国は最も本性を隠していて、見たところ最も輝いているように見えます。・・・しかし実は危機は小さくありません。もしこの局に負けると、彼女は覇者の地位を差し出さなければなりません。

ロシアは米中両極に気脈を通じていて最も陰険で狡猾です。・・・情況は、ソ連とアメリカの両方に頼って分裂した解放後の中国に少し似ています。ロシアは実力不足で生存と発展のためには両極の間で揺れ動くしかありません。

中国は多牌しているのですが見つかっていません。このことは中国が実力を隠していることを表現していると説明できるのではないでしょうか?
しかもアンダーテーブルでロシアと牌の交換までしています。・・・アメリカ人はロシアと中国が何をしているか台湾の表情から推測するしかありません。・・・日本人は何も知りません。自分の牌に集中してゲームをしています。・・・中国の手の内がどうなっているかは推測不可能です。

日本。・・・他の人がこんなに多くの策動をしているから、日本が勝つことは基本的に不可能です。・・・しかもここで負けると即刻アウトです。

台湾。・・・卓を囲んだこの人たちが何をやっているか、彼女は冷静に傍観しています。その心中は明らかです。・・・しかし彼女はゲームに参加する資格と能力を持っていません。言葉を挟む権利すらありません。・・・不満を抱いても何の足しにもならず、「女の子」の役割、つまり勝者に果物の皮をむいて差し出す役目を果たすしかありません。

勝利者は中国かアメリカです。かといって勝負の成り行きにはらはらする必要はありません。米国は強大ですが、彼女らが遊んでいるのは中国の麻雀で、西側のトランプではありません。中国人のルールで勝負をしているのです。アメリカ人の勝利の成算はいかほどでしょうか。

==========
※舜子曰く:「ネットをサーフィンするとこの絵に関するコメントが種々あるだけでなく、絵そのものにも別種があるのを発見した。例えば下記の例。日本人のヘアスタイルがアフロ風になり、顔も中国人ぽくなり、かつ中国人に媚びを売っている。同じ作者が二つの絵を描いたのだろうか。それとも誰かが描き変えたのだろうか。いったいとどちらが本物なのだろうか。もし作者が二種類の絵を描いたのだとすると、まるで鳩山政権ができて三ヶ月で600人もの代表団を率いて中国を訪問した民主党(小沢氏)の動きを予見していたかの如くである。作者の洞察力に脱帽せざるをえない」
※舜子曰くII:「その後調べたところ、下が劉溢の原画で冒頭の絵はネット流布版。誰かが改作したものらしい。謎に包まれている。引き続き調べてみよう」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お読み下さりありがとうございました。
「一日一笑:おもしろ情報館」は引越ししました。最新記事へは
このパンダBeropandaをクリック
してください。ますます面白くなってます!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

B

四个裸女打麻将

这是一幅油画,最近在西方社会以及网络世界引发的口水已经比画家所用的颜料多出千倍。画家是刘溢,一个去了加拿大的中国人。20005年3月6日纽约一个画展据说展出了次画,引起了很多猜测,因为画作的题目是:“2008·北京”。

  这张图很有意思,名字叫北京2008,画的却是四个女人打麻将,显然有隐藏得很深的含义在里面。

  我试做一下分析,讲下自己的看法:

  正面下方背后有文身的亚裔女子,应该是中国了。

  左手打牌打得聚精会神的,是日本。

  穿着上衣侧头的是美国。

  躺得很YD的的,是俄罗斯。

  旁边站着的小女孩,是台湾。

  中国碰了“东风”,是何含义?可能是两层意思,一是中国借了东风在崛起;二,“东风导弹”是中国已经摆在台面上的有力武器。中国一方面形势好像不错,但不知道其他的牌如何,而她又在牌桌下做着小动作。

  美国一副成竹在胸的样子,看着台湾,表情很耐人寻味,一方面是想从台湾的表情里读懂些什么,一方面眼神又在给台湾做暗示。

  俄罗斯一副漠不关心的样子,其实不然。一边脚勾搭着美国,一边在给中国递牌,两国可以说是在暗中互相交换利益。

  日本人一本正经看着自己的那副牌,全然不知道别人在做些什么动作,只顾着打着自己的牌。

  台湾身穿红肚兜,可能意思是中华文明的最后真正继承者。。。台湾一手拿着水果一手拿着水果刀,表情阴郁而愤恨得看着中国。。。但没办法,他不入局,无论最终谁胜利,他都只能帮别人切水果。

  窗完河边乌云密布,应该是暗示海峡两岸局势危机,一触即发了。

  墙上的挂象很有意思,孙中山的胡子,蒋介石的光头,毛泽东的长相。。。

  这四个女子的着装也很有意思。

  中国光着上身,下边一条裙子一条内裤。

  美国一件外套一件内衣,下身却光着。

  俄罗斯只剩一条内裤了。

  日本已经什么都不剩了。

  这也是各国局势的写照。

  美国衣着看上去最整齐,实力也最强大,其他几人均有点衣不蔽体,但美国貌似光鲜,但却其实已经暴露了自己的底线,而中国和俄罗斯虽然貌似赤裸,但关键阴私却藏住了。

  假设这局牌是赌脱衣服的,谁输了谁脱。

  这一局牌打下来。。。中国输,则沦落到如今俄罗斯的地步。。。(跟苏联解体情况相当。。。)

  美国输,也会沦落到俄罗斯的地步。。。

  俄罗斯再输,则彻底沦落到一无所有。。。

  而日本,其实已经一无所有了。。。俄罗斯貌似相公,在陪打。。。其实俄罗斯是在和中国换牌,真正的陪打是日本。。。因为她已经没东西可输了,而且一输就立刻出局了。

  总结一下。。。

  美国最假正经,看上去最光鲜。。。但其实危机不小。如果打输这一局,他就得交出霸主的地位。

  俄罗斯两边勾搭,最是阴险狡诈。。。情况有点类似解放后的中国,一会倒向苏联一会倒向美国。。。因为自身实力不济,只能在两边摇摆以求得生存和发展

  中国的牌有太多看不见了,说明中国隐藏了很多实力?而且桌面下又和俄罗斯在换牌。。。而美国人却只能从台湾的表情上去揣测中国和俄罗斯干了些什么。。。日本人则一无所知,继续打着自己的牌。。。中国的牌最深不可测。

  日本。。。别人在搞这么多动作,他基本没有赢的可能。。。而且一输的话立刻出局。

  台湾。。。她冷眼旁观,桌上这些人在搞什么她都看见了,心里也清楚。。。可是她没有入局的资格和能力,也没有话语权。。。心怀不满也无济于事,只能做你的丫头,给胜利者献上你的水果。

  胜利者应该在中国和美国之间产生,这个悬念不大。但要看清楚,美国尽管实力强,但她们玩的是中国麻将,不是西方扑克,按中国人的规矩玩牌,美国人的成算又有多少?

|

« 瀋陽、女性警官の奮闘 | トップページ | <37> 韻を踏んだ風刺 »

○ 一日一笑」カテゴリの記事

コメント

あまりにも鮮やかに今の日中米関係を活写しているのでびっくりしました。しかも2枚の絵の対比も凄すぎます。小沢訪中まで予見していたなんて信じられません。

投稿: Kai | 2009年12月23日 (水) 16時39分

各国庶民のサーフィン術も研究しましょう。

投稿: 舜子 | 2009年12月24日 (木) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293314/32609827

この記事へのトラックバック一覧です: <36> 麻雀をする四人の裸婦:

« 瀋陽、女性警官の奮闘 | トップページ | <37> 韻を踏んだ風刺 »