« <56> ショートメール: 二重の意味 | トップページ | 来て見て笑って! »

<57> 都会人と農村人の教典的対話

私は都会人です。
私は農村人です。

私は生まれました。
私も生まれました。

都会人>私は病院で生まれました。
農村人>私はオンドルの上で生まれました。

都会人>私は共和国の幸福な一小公民となりました。
農村人>私は共和国の光栄な一納税人となりました。

都会人>私は国家と両親から与えられた各種福利を享受しています。
農村人>私は国家と村から強制割り当てされた費用を納付しています。

都会人>私はかくも幸福です。
農村人>私はかくも“光栄”です。

都会人>私の両親の給与は費用を支出した後、貯蓄できます。
農村人>私の両親は現物納税した後の残りの作物でなんとか年を越せます。

都会人>私の少年時代はいろんなおもちゃで遊びました。
農村人>私の少年時代はいろんなどろんこで遊びました。

都会人>私は幼稚園に通いました。
農村人>私は大人の後ろで落ち穂を拾って回りました。

都会人>私はいつもおやつを食べていました。
農村人>私はいつも麦穂こがしを食べていました。

都会人>私は小学校に通いました。
農村人>私も小学校に通いました。

都会人>私の学校はとても綺麗で新中国が与えた新築校舎はこの上なしでした。
農村人>私の学校はとても古典的で旧地主が建てた廟で頑丈この上なしでした。

都会人>われらの机はとても綺麗で、嬉しかったです。
農村人>われらの机はとても実際的で、土の香りを発散させ、椅子は自分の物を持って行かねばならず、気がふさぎました。

都会人>お母さんはいつもお小遣いをくれて私を可愛がってくれました。
農村人>お母さんは私が飴をくれと叫ぶといつもお尻を打ち可愛がってくれました。

都会人>日曜日には公園に行き少年宮で遊びました。
農村人>日曜日には牛を放牧し草刈りをしました。

都会人>病気になったときお父さんは病院に連れて行ってくれました。治療費をどうしたかは知りません。
農村人>病気になったときお父さんはブタを売って治療費をつくり私を病院に連れて行ってくれました。

都会人>私は成長しました。
農村人>私も成長しました。

都会人>私は努力することを学びました。
農村人>私は学ぶために努力しました。

都会人>わが家はオートバイを購入し、その数年後小さな自動車を買いました。
農村人>わが家も一匹の子豚を飼いました。翌年子豚を生むかも知れません。

都会人>私は高校に行きました。
農村人>私も高校に行きました。

都会人>私のお母さんの1か月の給料で一年分の学費を払えました。
農村人>私の両親が一年かけて育て収穫した作物の代金が私の一年分の学費になりました。

都会人>私は大学を受験しました。よく勉強して一番いい大学に合格しました。
農村人>私も大学を受験しました。よく勉強して大学に合格しました。

都会人>私は630点で北京大学に合格しました。私の第一志望は北京大学でした。
農村人>私は680点で出身省の大学に合格しました。私の第一志望も北京大学でした。

都会人>お父さんは1年分の貯金で学費を払ってくれました。
農村人>両親は村から借金をしました。それでも足りない1000元のために牛を売りました。

都会人>大学内にはMM(美妹:可愛い子)が本当に多かった。(彼女らのために)時間を割かなければならなかった。
農村人>大学では家庭教師ができました。時間を切り詰めて金を稼ぎました。解放靴(昔の靴のブランド。評判が悪かった)は交換しました。

都会人>お父さんは職場を離れました。工場での収益が悪くなったからです。
農村人>父親は耕すのがいやになりました。年々損をするからです。

都会人>お父さんは退職しても元の職場から月300元をもらいます。
農村人>父親は耕すのを止めました。でも300元の税金を納付します。

都会人>お父さんは自分で商売をしようと思って、1軒の店を開きました。
農村人>父親は、1人の出稼ぎ農民として町に行きました。

都会人>国家はお父さんに各種の優遇政策を提供します。納税の軽減と免除です。
農村人>故郷の提留金(一種の積立金)を納付しつつ村では各種の証明書を取るためにお金を使います。

都会人>お父さんの商売は悪くありません。毎日早く出て遅く帰ります。たまに家族旅行にでかけます。
農村人>父親の任務は大きいです。毎朝早く起きて遅くまで起きています。日曜日はありません。

都会人>お父さんは毎日銀行へ預金しに行きます、店員は笑顔で迎えます。
農村人>お父さんは年末まで賃上げ交渉をしました。親方にどやしつけられたり小突かれたりしながら。

都会人>政府は退職して創業しろと私のお父さんを説得しました。その結果、都市の経済は発展しました。
農村人>政府は私の父親を説得して都市へアルバイトに出しましたが、それが問題の種になりました。給料の要求でインチキをしたと問題にされました。

都会人>私達家族はきれいなビルに住んでいます。私は幸福です。
農村人>市内のきれいなビルは私の父やその兄弟世代が建てたもので、私の“誇り” です。

都会人>私が卒業しても、国家は配属先を決めませんでした。
農村人>私が卒業しても、国家は配属先を決めませんでした。

都会人>私の両親は人に頼んで私が党の機関に就職できるようにしてくれました。私は人民の召使い(公僕)になりました。
農村人>私は大学を出たけれどコネがありませんでした。依然として国家の主人をしています。

都会人>私は召使い(公僕のこと)です。私の主人(国民)は家族が多すぎるし面倒ばかり起こします。私にとって最も重要なものが3つあります。お金、特権、享受です。
農村人>私は主人です。主人は召使いなしでは何も出来ません。だから最重要な3つを召使いに持たせたのです。お陰で私は気が楽です。

都会人>私は積極的に消費し、内需を引き上げます。
農村人>私は努力して生産し、金を稼いで飯を食います。

都会人>国家が人民を使おうとする時はまず最初に私を思い出します。感動します。
農村人>国家が人民を動員しようとする時いつもまず私達を思い出します。感動します。

都会人>国家は内需を引き上げる時いつもまず私達を思い出して、私達に使うためのお金を支給します。
農村人>国家は防衛しなければならない時いつもまず私達を思いだして、私達に戦争するための銃を支給します。

都会人>私は国家の公民です。国家は必ず私達のことを考えなければならず、私達の利益に配慮します。
農村人>私は国家の公民です。私達は必ず国家のことを考えなければならず、国家の利益を考慮します。

都会人>私は私の国家の中を自由に行き来することができます。
農村人>私は私の村の中を自由に行き来することができます。

都会人>明日は一面、光り輝いています。
農村人>明日は一面、茫然としています。

※舜子曰く:「都市と農村の対立・矛盾はどの国も避けて通れない発展過程だ。『農村が都市を包囲する』『権力は銃口から生まれる』として国家権力を獲得した中国共産党。この矛盾をソフトに解決して欲しいものだ」

==========

城里人与农村人的经典对话

我是一个城里人
我是一个农村人

我出生了
我也出生了

我是一个城里人——我出生在医院
我是一个农村人——我出生在炕上
  
我是一个城里人——从今天起我成了共和国一名幸福的小公民
我是一个农村人——从今天起我成了共和国一名光荣的纳税人

我是一个城里人——我享受国家和父母单位给的各种福利
我是一个农村人——我交纳国家和村里按人头摊派的各种费用
  
我是一个城里人——我多幸福啊
我是一个农村人——我多“光荣”啊
  
我是一个城里人——我父母的工资除了花消,还能存点
我是一个农村人——我父母种的粮食交了公粮,还勉强能吃到过年
  
我是一个城里人——我的童年玩各种玩具
我是一个农村人——我的童年玩各种泥巴

我是一个城里人——我上幼儿园了
我是一个农村人——我可以跟大人后面拣麦穗了

我是一个城里人——我经常吃零食
我是一个农村人——我经常把快熟的麦穗烧来吃
  
我是一个城里人——我上小学了
我是一个农村人——我也上小学了

我是一个城里人——我的学校好漂亮啊,新中国给新盖教学楼好高啊
我是一个农村人——我的学校好古典啊,旧社会的地主盖的庙真TM结实

我是一个城里人——我们的课桌好漂亮啊,高兴
我是一个农村人——我们的课桌好实在啊,还散发着泥土的芬芳,但是还要自己带凳子,郁闷

我是一个城里人——妈妈好疼我经常给我零花钱
我是一个农村人——妈妈因为我老喊吃糖,经常打我屁股,好疼

我是一个城里人——星期天了可以去公园,可以去少年宫
我是一个农村人——星期天了我要去放牛、割草

我是一个城里人——我生病了,爸爸带我去医院看病,不知道报销不
我是一个农村人——我生病了,爸爸把猪卖了,带我去看病。
  
我是一个城里人——我长大了
我是一个农村人——我也长大了

我是一个城里人——我学习努力
我是一个农村人——我努力学习
  
我是一个城里人——我家买了摩托车,准备过些年再买小汽车了
我是一个农村人——我家又买了一只小猪崽,也许明年就能下小猪崽了
  
我是一个城里人——我上高中了
我是一个农村人——我也上高中了

我是一个城里人——我妈一个月的工资可以够一年学费
我是一个农村人——我父母种了一年的地攒的钱也够我一年的学费
  
我是一个城里人——我要高考了好好学习争取考一好大学!
我是一个农村人——我也要高考了好好学习争取考上大学!
  
我是一个城里人——我考了630,考上了北大我的第一志愿是北大
我是一个农村人——我考了680,考上了本省的大学我的第一志愿也是北大
  
我是一个城里人——爸爸拿了家里一年的积蓄交了学费
我是一个农村人——父母借了一个村子,学费还差1000,又卖了牛,勉强够
  
我是一个城里人——大学里的MM真多啊,抓紧时间别虚度
我是一个农村人——大学了可以做家教,抓紧时间挣钱把解放鞋换了
  
我是一个城里人——爸爸下岗了,厂里效益不好
我是一个农村人——父亲不想种地了,年年赔钱

我是一个城里人——爸爸下岗了,单位给爸爸一月300低保
我是一个农村人——父亲不种地了,照样给国家和村里交300左右(提留等)
  
我是一个城里人——爸爸想自己做生意,开个铺子
我是一个农村人——父亲想进城,当个民工

我是一个城里人——国家给爸爸各种优惠政策,税收减免
我是一个农村人——家乡的提留照样缴,城里还让我父亲交钱办各种证

我是一个城里人——爸爸生意不错每天早出晚归,偶尔带家人出去旅游
我是一个农村人——父亲任务不小,每天早起晚睡,没有星期天
  
我是一个城里人——爸爸天天去银行存钱,营业员笑脸相迎
我是一个农村人——爸爸到年底讨薪,包工头有骂又打
  
我是一个城里人——政府说我爸爸下岗创业,繁荣城市经济
我是一个农村人——政府说我父亲进城打工制造问题,还总恶意讨薪
  
我是一个城里人——我们家住在漂亮的楼房我幸福
我是一个农村人——城里的漂亮楼房是我的父辈兄弟们盖的我“自豪”
  
我是一个城里人——我毕业了国家不包分配
我是一个农村人——我毕业了国家不包分配

我是一个城里人——我父母托人,我进了机关,成为人民的仆人
我是一个农村人——我没有关系,走出校门,依然做着国家的主人
  
我是一个城里人——我是仆人,我主人家表太多,带着麻烦,把最重的3块给我带。他们分别是金钱、权利、享受。
我是一个农村人——我是主人,主人怎么能有仆人不用呢,所以就把最重的3块表让仆人带,多轻松啊
  
我是一个城里人——我积极消费,拉动内需
我是一个农村人——我努力生产,挣钱吃饭

我是一个城里人——国家在用之于民的时候总是首先想到我,感动
我是一个农村人——国家在取之于民的时候也总首先想到我,感动
  
我是一个城里人——国家在拉动内需的时候总是首先想到我们,给我们钱消费
我是一个农村人——国家在需要保卫的时候总是首先想到我们,给我们枪打仗
  
我是一个城里人——我是国家的公民,国家必须为我们着想,照顾我们的利益
我是一个农村人——我是国家的公民,我们必须为国家着想,考虑国家的利益

我是一个城里人——我可以在我的国家自由走动
我是一个农村人——我可以在我的村里自由走动
  
我是一个城里人——明天一片灿烂
我是一个农村人——明天一片茫然

|

« <56> ショートメール: 二重の意味 | トップページ | 来て見て笑って! »

○ 一日一笑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293314/32963809

この記事へのトラックバック一覧です: <57> 都会人と農村人の教典的対話:

« <56> ショートメール: 二重の意味 | トップページ | 来て見て笑って! »