« <67> 振動の調節 | トップページ | <69> 人生経典 »

<68> ほろにが写真館

追憶は水の流れのように--かつてと同じ姿勢で写真を写しました。
追忆似水年华——以同样的姿势在同样的地方拍的


★少年時代は永遠に忘れがたき記憶。かつて座った三輪車を見てください。もしかしたら二度と探せないかも知れません。これに乗るのは少年時代の夢だった。
★童年是永远忘不了的记忆,看看那个曾经坐过的小车,或许已经再也找不到了,它带走的是童年的梦.
1

★容貌の変化を恨んだり哀れんだりしてはいけない。生命本体はそれほど完全なものではない。(少女時代、紅衛兵だったんだね)
★别再为样貌的变化而自怨自怜了,生命本身不是很完美么。
2

★長い年月が経ったが我々はいまだ兄弟
★多年以后我们还是兄弟
3

★時間があるとき電話します。我々はみなまだ健在です。
★有空的时候打个电话,我知道我们都还在这里.
4a
4b

★欠席者がいたけど大丈夫。あなたたちの場所には永遠に誰も座ることはありません。
★有人缺席了,不要紧,你们的位置永远无人可替代.
5a
5b

★あの笑い声はあの花々を思い出させます…… 彼女たちはそこにいますか? 老けたでしょうね。かつて彼女らと開放的につきあえたのは幸せでした。
★那片笑声让我想起我的那些花……她们在那里啊?她们老了吧。幸运的是我曾陪他们开放……
6a
6b

★駆け回っているのは誰? あなた? それとも私? あっという間の満20年。
★是谁在奔跑,是你,是我。那一个转身,花去了整整20年.
7a
7b

★毎日いつも私達はふたり一緒でした。しかし最も楽しいのはあなたと一緒にゆっくり年老いていくことだと悟りました。
★总有一天我们两个都会老去,但我觉得最快乐的是就是与你一起慢慢变老.
8a
8b

★ああ、親愛なる戦友、私はあなたの雄々しい姿と優しい面影をもう見ることが出来ません。あなたが弾く琴の音を聞くことも、あなたと一緒に歌うこともできません!
★啊,,,亲爱的战友,我再不能看到你雄伟的身影,和蔼的面庞,再不能听你弹琴,与你歌唱!
9a
9b

|

« <67> 振動の調節 | トップページ | <69> 人生経典 »

○ 一日一笑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293314/33149478

この記事へのトラックバック一覧です: <68> ほろにが写真館:

« <67> 振動の調節 | トップページ | <69> 人生経典 »