« <マンガ:046> 2009年ノーベル平和賞 | トップページ | <マンガ:047> 印鑑があれば取り放題 »

<151> 犬鞭料理

ある娘さんが食堂で犬鞭炒めを頼みました。箸で挟んで食べようとした時、不注意にもそれを両足の間に落としてしまいました。娘さんはビックリして言いました。「あれまあ、凄いことだわ! 煮て焼いて切り刻まれたのに来るべき所を覚えていただなんて」

※舜子曰く:「犬鞭とは犬のおチ○チ○のこと。焼き肉のコブクロみたいなもんですナ」

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
↑ブログランキングに参加しています。1日1回応援クリックよろしく!

---------------------

狗鞭

一小姐吃饭时点了道爆炒狗鞭,夹菜时不慎掉到两腿之间,小姐大惊:这玩意真厉害! 煮熟了剁碎了,它竟还认识路。

gǒu biān

yī xiǎo jiě chī fàn shí diǎn le dào bào chǎo gǒu biān, gā cài shí bù shèn diào dào liǎng tuǐ zhī jiān, xiǎo jiě dà jīng: zhè wán yì zhēn lì hài! zhǔ shóu le duò sui le, tā jìng hái rèn shí lù.

|

« <マンガ:046> 2009年ノーベル平和賞 | トップページ | <マンガ:047> 印鑑があれば取り放題 »

○ 一日一笑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293314/34215973

この記事へのトラックバック一覧です: <151> 犬鞭料理:

« <マンガ:046> 2009年ノーベル平和賞 | トップページ | <マンガ:047> 印鑑があれば取り放題 »