« <コラム:011>
金正日訪中団のもう一つの顔
| トップページ | <マンガ:059> 子供を守れ! »

<170> 2人の天才経済学徒と犬のウンコの話

2人の非常に聡明な経済学の天才青年がおりました。彼らはいつも高度な経済学理論について論争していました。

ある日の食後の散歩のとき2人の間にある数学モデルの証明をめぐって論争が起きました。優劣をつけがたい論争の最中、突然、2人は面前の草地の上に一個の犬のウンコを発見しました。甲は乙に対して言いました。「もし君があれを食べたら私は5000万出そう」。

5000万の誘惑は小さくありません。食べるべきか食べざるべきか? 乙は紙とペンを取り出して正確に数学計算を行いました。出てきた経済学上の最適解は:食べる!でした。これにより甲は5000万の損失を被りましたが、当然、乙にとって食べる苦労は並大抵ではありませんでした。2人は散歩を続けました。するとまた、目の前に一個の犬のウンコが出現しました。

乙は激しい吐き気を催しました。甲もさっき支出した5000万が惜しくなりました。その時乙は甲に言いました。「もし君がこれを食べたら、私は君に5000万払おう」。甲は違う計算方法で計算しましたが、出た答えは同じく――食べる!でした。甲は満足して5000万を回収しました。乙は心の平穏を取り戻しました。とその時、2人の天才は同時に大声で嘆きはじめました。「結局俺たちは何の得もしていないゾ。ただ犬のウンコをふたつ食べただけじゃないか!」と。

彼らはどうしても納得がいかないので彼らの先生に尋ねました。著名な経済学泰斗である先生に解釈をしてください、と。すると2人の話を聞いた先生は、意外にも大声を出して感涙にむせび泣き始めました。しばらくして気持ちが落ち着いたのか先生はよろよろと一本の指を上げて、感動した面持ちで叫びました。「1億だよ、1億! わが親愛なる学徒よ。私は祖国と人民を代表して君たちに感謝する。君たちは犬のウンコをたった2個食べただけでわが国のGDP増加に1億の貢献をしたんだよ!」

 ※舜子曰く:「落語の花見酒と同じ話。でも、いくら景気浮揚のためとはいえ、ウンコを食べるのはイヤだなー」
この話が動画で見られます(表現に若干の違いあり)
http://www.youtube.com/watch?v=qlcfg19pAHk&feature=related

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
↑ブログランキングに参加しています。1日1回応援クリックよろしく!

====

GDP的故事

有两个非常聪明的经济学天才青年,他们经常为一些高深的经济学理论争辩不休。一天饭后去散步,为了某个数学模型的证明两位杰出青年又争了起来,正在难分高下的时候,突然发现前面的草地上有一堆狗屎。甲就对乙说,如果你能把它吃下去,我愿意出五千万。五千万的诱惑可真不小,吃还是不吃呢? 乙掏出纸笔,进行了精确的数学计算,很快得出了经济学上的最优解:吃!于是甲损失了五千万,当然,乙的这顿加餐吃的也并不轻松。两个人继续散步,突然又发现一堆狗屎,这时候乙开始剧烈的反胃,而甲也有点心疼刚才花掉的五千万了。于是乙说,你把它吃下去,我也给你五千万。于是,不同的计算方法,相同的计算结果——吃! 甲心满意足的收回了五千万,而乙似乎也找到了一点心理平衡。可突然,天才们同时嚎啕大哭:闹了半天我们什么也没有得到,却白白的吃了两堆狗屎! 他们怎么也想不通,只好去请他们的导师,一位著名的经济学泰斗给出解释。听了两位高足的故事,没想到泰斗也嚎啕大哭起来。好容易等情绪稳定了一点,只见泰斗颤巍巍的举起一根手指头,无比激动地说:“1个亿啊!1个亿啊! 我亲爱的同学,我代表祖国和人民感谢你们,你们仅仅吃了两堆狗屎,就为国家的GDP贡献了1个亿的产值!“ - 来自<中文笑话三万则>

|

« <コラム:011>
金正日訪中団のもう一つの顔
| トップページ | <マンガ:059> 子供を守れ! »

○ 一日一笑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293314/34538798

この記事へのトラックバック一覧です: <170> 2人の天才経済学徒と犬のウンコの話:

« <コラム:011>
金正日訪中団のもう一つの顔
| トップページ | <マンガ:059> 子供を守れ! »