« 温暖化後の人類の「密封式」生活 | トップページ | <コラム:019>
中国のネットはハヤブサの帰還をどう報道したか »

<上海万博>
障害者の世界を体験する「陽光館」

【6月17日】

探秘生命阳光馆 触摸残疾人的世界
生命の神秘を探検する陽光館--身体障害者の世界に触れる

20100617

用嘴的呼吸就可以控制这个多功能床,这个是专门为颈椎以下不能动的人准备的,可以翻书,拉窗帘等。

この多機能ベッドは口での呼吸を利用して制御することができます。これはもっぱら頸椎以下の傷害により動くことができない人のために用意されました。本をめくったり、カーテンを開け閉めすることができます。

2010年上海世博会为了体现残疾人的尊严和价值,呼唤人道主义,促进残疾人事业发展。在世博会150多年的历史上首次设立残疾人综合馆“生命阳光馆”。

2010年の上海万国博覧会は身体障害者の尊厳と価値を体現するため、人道主義の立場から、身体障害者事業の発展を促進します。万国博覧会の150年余りの歴史の上で身体障害者のための展示館(生命の陽光館)が設立されたのは初めてです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ/
↑1日1回応援 クリックよろしく! 明日の更新の励みになります。

|

« 温暖化後の人類の「密封式」生活 | トップページ | <コラム:019>
中国のネットはハヤブサの帰還をどう報道したか »

中国★上海<万博情報>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293314/35307280

この記事へのトラックバック一覧です: <上海万博>
障害者の世界を体験する「陽光館」
:

« 温暖化後の人類の「密封式」生活 | トップページ | <コラム:019>
中国のネットはハヤブサの帰還をどう報道したか »